スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
「10.19」は忘れない


読売新聞より抜粋...

「前オリックス監督の仰木彬氏が死去」

プロ野球の近鉄とオリックスで監督を務め、3度パ・リーグを制して
1996年には日本一にも輝き、米大リーグ、マリナーズのイチロー
外野手を見い出した仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日午後4時
10分、呼吸不全のため、福岡市内の病院で死去した。

 70歳だった。告別式は近親者だけで行う。

 仰木さんは福岡・東筑高から54年に西鉄(現西武)に入団。三原
脩監督の下、西鉄の黄金時代に二塁手として活躍した。67年に引退。
西鉄、近鉄でコーチを務めた後、88年に近鉄監督に就任した。ロッテ
とのダブルヘッダーとなった88年10月19日の最終戦では、時間
切れ引き分けでリーグ優勝を逃し、「10・19」は、球界の語り草と
なっている。

 翌89年にリーグ優勝を果たし、94年からはオリックス監督と
なり、阪神大震災に見舞われた95年には「がんばろう神戸」を合言葉
に、パ・リーグ制覇。連覇を達成した96年には“長嶋・巨人”を
破り、念願の日本一に輝いた。

 データを生かしながらも、時として大胆なさい配は「仰木マジック」
と呼ばれた。近鉄では、野茂英雄投手を1年目からエースとして起用、
オリックスでは、無名だった鈴木一朗外野手を「イチロー」の登録名で
レギュラーに抜てき、7年連続首位打者を獲得するスーパースターに
育て上げた。

 今季、近鉄とオリックスが統合された新生「オリックス・バファ
ローズ」の監督に就任。プレーオフ進出争いを演じたが、惜しくも4位
となり、今季終了後、健康上の理由から勇退し、オリックスのシニア
アドバイザーに転進していた。

 監督としての通算成績は近鉄、オリックスの14年間で988勝
815敗53引き分け、勝率5割4分8厘。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やはりというべきか。

1年で監督を辞めるって聞いた時、以前、星野元阪神監督が体調不良で
ってゆうのもあったから、やっぱり監督業は堪えるんだなあと思ってた。

今日はTVで大奥を見てたら最後になってニュース速報で出た。
開口一番「え~っ」。その後無言になってしまった。

それほど俺にとっては長嶋元巨人監督よりもリアルにすごい監督だった
のである。


  仰木マジック


この言葉が何度紙面に、そしてTVに出てきた事か。
14年間監督やってて勝率5割4分越えてるのはすごいと思う。

その中で近鉄では野茂、オリックスではイチロー、長谷川、田口、谷
とか有名選手が出てきた。

野茂、イチローなんて仰木元監督に見いだされなかったら...
例えば、野村元監督の下とかだったらきっと日の目を見る事はなかった
んじゃないだろうか。
まあ、普通トルネード投法とかしてたら矯正させようとするんじゃないかな。

そうゆう人材を育てるのもうまかったし、監督としての戦術も長けてた
と思う。

球界はまた有能な人材をなくしてしまった。

これを機にノリ、清原が入団するんだろうか。

けど、例え入団したとしても、もうオリックスは優勝できない様な
気がする。

それほど、偉大な人だったと思う。
これほどの名監督はこれから出てくるんだろうか...


人気blogランキングへ




スポンサーサイト
2005/12/16 05:33 | 時事ネタ | コメント(2) | Trackback(1) | pagetop↑
<<経験バトンだって! | ホーム | 前代未聞のボクシング界>>
コメント
突然だったから、野球に詳しくない私でも驚きましたよ。
70歳?
早いよね。
今改めてテレビの映像を見ると、具合悪そう。痩せてるよね、とっても。

球界の方々は、仰木さんの具合が悪くなっていくのを見て、胸を痛めていたんだろうな・・・。
みおら * URL [編集]2005/12/17 11:50
>みおらっち

たぶん、今シーズン始まる前後から
体調悪いのわかってたんじゃないかな。

まさに死を覚悟してたんだと思うなあ。

70。うちのおとんもあと4年弱で70やからなあ...
びくとりー * URL [編集]2005/12/17 13:55
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://victory197012.blog28.fc2.com/tb.php/37-a4b513b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
不覚にも泣いた
『日々日常』本サイト人気blogランキングへ昨日、オリックス故仰木監督の追悼番組での田口壮の言葉に思わず泣いた。平成7年1月17日午前5時46分52秒、神戸を中心とした阪神地域に直下型大地震が起こった。避難人数30万人死者6,433人負.... 『日々日常』~ブログページ【 2005/12/27 15:57 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。