スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
京都のお気に入り<その2>

今日は京都の寺社で好きな場所を書きたいと思います。

ところで...
京都の寺社を巡る事は中学・高校の遠足とかでしか行く事が
無く、社会人になっても花見、紅葉の時くらいしか行く事は
ありませんでした。それが何故か京の魔力に魅せられてしまった
様でして、最近では特に庭を中心に巡っています。会社での
ストレスが溜まり、何か無意識に「癒し」を求める様になった
のでしょうか?(こう言ってる時点でジジババやなあ)

さて、京都の北方面に大徳寺という有名なお寺があります。
大徳寺は千利休の木像のお話や食べ物関連でいえば
大徳寺納豆で有名です。
文字色
数年前ではNHKの大河ドラマの「利家とまつ」の前田利家の
まつが後年建立した芳春院(ほうしゅんいん)
があります。

大徳寺は広大な敷地に様々な塔頭(たっちゅう:寺院の
敷地内 にある子院の事)があり、その一番奥の方に

   高桐院

という塔頭があります。(→の写真がそうです)

戦国武将でもある細川忠興が父の藤考(幽斎)の菩提所として
建立したものです。
また、ここには細川忠興とその妻ガラシャ夫人(明智光秀の
娘。キリシタンの話でよく出てきます)の墓塔もあります。

ここに入る参道の景色と中にある庭園の景色が特にすばらしいです。

紅葉のシーズンは庭園が紅葉の絨毯で埋め尽くされます。
最近は色々な雑誌で紹介されて、人があふれかえっていますが、
私的にはむしろ新緑のシーズンの時の方が人もいないし、参道、
庭園共々趣が気に入っています。
庭園はこの時期は苔で埋め尽くされます。

もう何回も訪れていますが、来る度にここに来ると心が洗われる
なあという気(気だけ?)がします。



高桐院のHPは ⇒ ⇒ ⇒ こちら!

スポンサーサイト
2005/10/19 21:04 | 京都ネタ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<「仕事」あっての家庭か、「家庭」あっての仕事か? | ホーム | 京都のお気に入り<その1>>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://victory197012.blog28.fc2.com/tb.php/5-ad427a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。