スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
「仕事」あっての家庭か、「家庭」あっての仕事か?


昔、前の会社でこうゆう話が出ました。
あれは、転勤について話があったとき。
そのとき、大阪支社の売上が悪く、多数の人が転勤対象となった。
(30人近く10月から)

対象となった人達は、辞めるだの、単身で行くだの色んな意見が
出たけど、やはり後退的な意見が多かった。

その際に部長が言った言葉に...

転勤して働くこと、いわゆる仕事を転勤等で環境が
変わったとしても、それをやり抜いていく事が家庭を
守る事につながる


と言っていた。

確かにその通りだと思う。
仕事を潤滑にやっていくことはそれだけ収入も安定し、しいては家庭を
築き上げる下地となる。
将来、会社で出世を望む人はまさしくそうである。
(今では地元密着型の出世が出来るとこもあるが)

えてして、転勤という話となると後退的なイメージの方が多い。
友達との縁、家族との縁が薄くなってしまう。それでも、また新しい縁を
築き上げればいいし、本来はやはり「仕事」あっての家庭だと思っている。

しかしである。
一言で言えば、その人それぞれが考える事となる。
俺としては、首都圏で働く、生活していくのは嫌だった。
それはもちろん、首都圏での1年間の寮生活を経験しているから言って
いるのである。

俺としては住みづらかった
どうも人付き合いが下手な俺は、首都圏の人だとどうしてもとっつきにくい
(向こうもそう思ってるだろうが)と感じてしまう。

単純に物価が高いのもあるが、住むことは生理的に嫌悪感があった。
(首都圏の方ごめんなさい。東京でも下町の人達には色々お世話になった
事もあるので人情厚いのを知ってるし、好きです)

実際、転勤嫌さで会社を辞めた。相方は逆に関西圏から出て生活一度
してみたいらしい。

あと、軽いうつ(適応障害)になった事も影響がある。
この時期に受けた様々な出来事が、結局、会社はあくまで会社であり、
自分にもし何かあった時には誰も面倒は見てくれない。ある程度距離を
保ってやり取りしていかなければならない..と感じたわけで...

俺は自分の周りの人間関係を主(メイン)にすえたわけであって、会社は
冷たい言い方をすればお金を稼ぐところくらいに考えている。だから
「家庭」あっての仕事となる。
(出世は望めないかもね)

別に、どちらがよいかという問題ではないと思う。
どちらを選んでもいいし、それぞれの一長一短があり、それに対応
していけばいいだけの話である。

特に結婚されていない独身の方
結婚する場合には相手の方の仕事に対する考え方は絶対聞いておいた
方がいいと思う。

また結婚しようか迷う時にはする・しないの判断になるかもね。

え、うちはどうかって?
相方は元々あまり出世とかは考えてないみたいで、今あるお金でやりくり
できて幸せならそれでいいと言っとります(笑)そりゃ、お金あったに
越した事ないけど...

スポンサーサイト
2005/10/20 13:25 | ぐだぐだ話 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<道頓堀をファッションチェック? | ホーム | 京都のお気に入り<その2>>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://victory197012.blog28.fc2.com/tb.php/6-91ff8b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。